ビタミンD欠乏症の原因と症状

「ビタミンD欠乏症」について、詳しくご紹介します。

「ビタミンD欠乏症」は、ビタミンDが不足することによって引き起こされます。
「ビタミンD欠乏症」は、日光に適度に当たっていれば、起こることはほとんどないのですが、なってしまうと、深刻な病気を引き起こすことがあり、注意が必要です。

ここでは、「ビタミンD欠乏症」の原因と、症状、解消法などをご紹介します。

【ビタミンD欠乏症の原因】

・日光に当たる時間が不十分である
・母乳内のビタミンD不足
・ビタミンD摂取不足
・離乳期の食物制限

【ビタミンD欠乏症の症状】

・骨の奇形
・成長不全
・くる病
・骨軟化症
・骨粗鬆症
・動脈硬化を早める


「ビタミンD欠乏症」は、日光に良く当たることによって、予防することが可能です。
そのため、小さいうちから、適度に日光に当てるようにすると、「ビタミンD欠乏症」にある心配はほとんどありません。

しかし、乳幼児期に発症すると、成長に悪影響を及ぼしたり、成人になってからも骨に異常をきたすことがあるので、意識してビタミンDを摂取するようにしましょう。

ビタミン欠乏症関連情報