ビタミンC欠乏症の原因と症状

ビタミンCが不足することによって、様々な症状を引き起こす「ビタミンC欠乏症」をご紹介します。


ビタミンCは、コラーゲンの生成に関わっており、不足することによって、肌のハリが失われるなど、女性にとって深刻な問題を引き起こします。
その他にも、様々な症状を引き起こしますので、それらの症状を詳しくご紹介し、その症状がなぜ引き起こされるのか、その原因についてもご紹介します。


【ビタミンC欠乏症の原因】

・食事によるビタミンC摂取不足
・ストレス(抗ストレス物質の生成で、ビタミンCが多く使われる
・風邪を引いた時は、体内のビタミンC濃度が低下する
・喫煙によるビタミンC消費量が増大することによって、不足する


【ビタミンC欠乏症の症状】

・食欲不振
・歯茎からの出血
・倦怠感
・イライラ
・切り傷が治りにくくなる
・骨がもろくなる
・免疫力の低下
・肌のハリがなくなる
・壊血病


「ビタミンC欠乏症」になると、肌のハリが失われるだけでなく、全身に様々な症状が現れます。
重症化すると、完治に時間がかかる場合もありますので、体の不調を感じたら、早めに受診するようにしましょう。

ビタミン欠乏症関連情報