ビタミンB2欠乏症の原因と症状

ビタミン欠乏症の一つである、「ビタミンB2欠乏症」をご紹介します。


ビタミンB2は、発育ビタミンとも呼ばれ、糖質やたんぱく質、脂質などの代謝に関わる酵素の補酵素として働いているので、円滑なエネルギー代謝に欠かせないビタミンです。
その為、このビタミンB2が不足すると、体に様々な影響を及ぼし、不快な症状となって現れてきます。

ここでは、「ビタミンB2欠乏症」がなぜ起こるのか、その原因と、症状などをご紹介しますので、参考にしてください。


【ビタミンB2欠乏症の原因】

・ビタミンB2の摂取不足
・腸での吸収不良
・体内での消費が増大することによって引き起こされる
・補酵素への合成障害


【ビタミンB2欠乏症の症状】

・口内炎、舌炎、口唇炎
・目の充血、結膜炎
・皮膚炎
・眼精疲労
・白内障
・口角炎


ビタミンB2は、粘膜や皮膚を正常に保つ働きがあるので、欠乏症になると、様々な粘膜に異常を生じます。

また、成長の促進に大きく関与しているため、不足すると、成長期の子供の成長に影響します。

ビタミンB1は、美肌を維持したい女性や、成長が著しい子供に特に必要なビタミンですので、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミン欠乏症関連情報