ビタミンB1欠乏症の原因と症状

ビタミン欠乏症の一つである、「ビタミンB1欠乏症」についてご紹介します。

「ビタミンB1欠乏症」は、重症化すると、日常生活に支障をきたすこともあり、早期に治療を行う必要があります。

ここでは、「ビタミンB1欠乏症」の原因や症状、解消法などをご紹介しますので、参考にしてください。


【ビタミンB1欠乏症の原因】

・ビタミンB1の摂取不足
・精製された白米やインスタント食品を主食にすることによって引き起こされる
・肝障害などによるビタミンB1の活性化障害
・アルコールの過剰摂取
・激しい労働や運動、疲労などによって、ビタミンB1の需要量が拡大している


【ビタミンB1欠乏症の症状】

・疲労感
・食欲不振
・平衡感覚が失われる
・全身の倦怠感
・動悸
・手足のむくみ
・筋力低下
・脚気心と呼ばれる心不全
・脚気
・ウェルニッケ脳症


「ビタミンB1欠乏症」を解消するには、ビタミンB1の投与をする必要があります。
内服薬か注射によって、症状に合わせてビタミンB1が投与されますが、効果が現れるまでに数ヶ月間かかる場合もあります。

重症化すればするほど、治療に時間がかかったり、完治するのが難しくなるため、早期発見、早期治療が望ましいでしょう。

ビタミン欠乏症関連情報