ビタミン欠乏症 原因

ビタミン欠乏症の原因は様々です。

ビタミン欠乏症とは、体内のビタミンが不足することによって、体調不良や、様々な症状、病気を引き起こしてしまうことです。

ビタミンが不足することによってなってしまうビタミン欠乏症は、重症化すると、日常生活に支障をきたすこともあるため、早期に解消したり、予防することが大切です。

このビタミン欠乏症の原因をご紹介しますので、ビタミン欠乏症の改善・予防の為にお役立てください。


ビタミン欠乏症の原因として、まず考えられるのは、食生活において、十分にビタミンを摂取できていないことです。

ビタミンは、緑黄色野菜を中心に、いろいろな食材に含まれていますが、偏った食生活を送っていると、バランスよくビタミンを摂取することができません。

また、野菜嫌いの方や、果物を食べないという方など、好き嫌いが多い方や、ジャンクフードと呼ばれるファーストフードを良く食べる方なども、ビタミンの摂取が十分でないことが多いので、注意してください。


その他の原因として考えられるのは、アルコール類の過剰摂取、清涼飲料水の飲み過ぎ、インスタント食品の食べ過ぎなどがあります。
いずれも、ビタミンの吸収を妨げたり、ビタミン自体が含まれていないため、ビタミン不足になります。

また、糖尿病や肝臓に疾患を持っている場合や、ビタミンを作り出す腸内細菌が失われた場合にも、ビタミン欠乏症になることがあります。


ビタミン欠乏症は、上記に挙げたことの他に、服用している薬によっても引き起こされる場合があるので、ビタミン欠乏症と診断された場合や、疑われる場合は、原因を一つ一つ改善していきましょう。

ビタミン欠乏症関連情報