ビタミン欠乏症 解消法 ビタミン投与

ビタミン欠乏症を解消する最も効果的な方法〜ビタミン投与〜

ビタミン欠乏症を解消する、最も効果的な方法は、欠乏しているビタミンを投与することです。

 

ビタミンの投与方法は、経口投与、もしくは、注射による投与になります。

 

一般的な投与方法は、経口投与です。
不足しているビタミンを、症状や年齢、程度に合わせて処方し、量や回数を加減して、投与します。

 

ビタミン欠乏症は、欠乏するビタミンによりますが、赤ちゃんから年配の方まで、幅広い年齢の方に起こります。
その為、投与するビタミンの量は、あらゆる面を考慮して決められます。

 

ビタミンによっては、長期にわたって服用することによって、中毒を起こす場合がありますので、服用する期間や、1日の投与回数も人によって異なります。

 

例えば、「ビタミンA欠乏症」の場合、油性のビタミンAパルミチン酸塩20,000μg(60,000IU)を経口で1日1回2日間投与し、その後1500 μg(4500IU)を1日1回経口投与します。
その後、2週以上経過後に3度目の投与をするといったように、短期間で効果的に投与します。

 

 

ほとんどの場合、服用によって欠乏しているビタミンを投与しますが、服用による投与で効果がない場合は、注射による投与になることがあります。

 

 

ビタミン欠乏症を解消するには、欠乏しているビタミンを投与することが効果的ですが、決して自己判断でビタミンを摂取するのではなく、専門医の診断を受けた上で摂取しないと、思ったような効果が得られないだけでなく、症状を悪化させることもあります。

 

体の不調を感じたり、ビタミンが欠乏していると感じたら、まずは、専門に相談しましょう。

ビタミン欠乏症関連情報