ビタミン欠乏症 解消法 食事

ビタミンの摂取は、食べ物からの摂取が基本。

ビタミン欠乏症を解消するには、食事から必要なビタミンを摂るのが、副作用の心配もなく、年齢も気にする必要がないので、望ましいと思います。

 

ビタミンの摂取は、食べ物からの摂取が基本です。
緑黄色野菜や果物を中心に、いろいろな食べ物に、様々なビタミンが豊富に含まれています。
食べ物の種類によっては、一つのビタミンではなく、いくつものビタミンを含んでいる場合もありますし、ビタミン以外の栄養素も一緒に摂ることができます。

 

 

ビタミン欠乏症は、特定のビタミンが不足して起こるため、そのビタミンを豊富に含む食べ物を積極的に摂取する必要があります。

 

ここで、それぞれのビタミンを豊富に含む食べ物をいくつかご紹介しますので、毎日の食事に取り入れて下さい。

 

 

ビタミンAは、ニンジンやカボチャなどの濃い色の野菜や、鶏レバー、ウナギのかば焼きに多く含まれています。

 

ビタミンB1は、豚肉や酵母、小麦胚芽などに多く含まれるので、酵母や小麦胚芽で作られたパンなどを、食事に取り入れるのがオススメです。

 

ビタミンB2は、豚レバーやうなぎ、納豆に多く含まれます。

 

ビタミンB6は、マグロやにんにく、小麦胚芽に多く含まれます。

 

ビタミンB12は、アサリや牡蠣、しじみ、牛レバー、筋子などに多く含まれます。

 

ナイアシンは、カツオや鶏胸肉、マグロに多く含まれます。

 

パントテン酸は、大豆やサツマイモ、鶏卵に多く含まれます。

 

葉酸は、牛レバーやアスパラガス、トウモロコシに多く踏まれます。

 

ビオチンは、牛レバーや落花生、ピーナッツ、くるみに多く含まれます。

 

ビタミンCは、柿やイチゴ、オレンジ、レモンなど、果物に多く含まれるので、デザートやおやつにオススメです。

 

ビタミンDは、サケやメカジキ、カレイなどの魚類に多く含まれます。

 

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類や、モロヘイヤ、ウナギなどに多く含まれます。

 

ビタミンKは、モロヘイヤやアシタバ、納豆に多く含まれます。

 

 

それぞれのビタミンを豊富に含む食べ物をいくつかご紹介しましたが、ウナギやレバー、モロヘイヤなどは、様々なビタミンを豊富に含んでいるため、効果的にビタミン摂取をすることができます。

 

食べ物に含まれているビタミンを知ることによって、ビタミン欠乏症を解消できたり、予防することができるので、ご自分に不足しているビタミンを知った上で、食事に取り入れて下さい。

ビタミン欠乏症関連情報