「ビタミン欠乏症」のリスクと対策をお教えします!

ビタミンが不足することによって引き起こされる「ビタミン欠乏症」について、わかりやすくご紹介します。

「ビタミン欠乏症」になってしまうと、様々な体の不調に悩まされたり、いろいろな病気を引き起こしてしまうことがあり、できるだけ早い段階での対処が必要です。
軽度の場合は、我慢できる症状であっても、重度の場合は、日常生活に支障をきたしたり、生命の危険に及ぶ場合もあります。

「ビタミン欠乏症」を解消するためには、その原因を知ることが大切です。
何が原因で引き起こされているのか、また、どのビタミンが欠乏しているのかを知ることによって、効果的に解消することができます。

また、不足するビタミンの種類によって、引き起こされる症状も異なりますので、それぞれのビタミン欠乏症の症状も合わせてご紹介します。
ご自分の症状と照らし合わせてご覧いただき、ビタミン欠乏症の解消にお役立てください。


次に、ビタミン欠乏症の解消法をご紹介します。

ビタミン欠乏症を改善するには、不足しているビタミンを積極的に摂取する必要があります。

摂取の方法には、いくつかあり、服用や注射による投与や、ビタミンを多く含む食べ物を積極的に食事から摂取する方法、サプリメントの利用、運動、ビタミンを豊富に含む青汁の利用など、効果的な方法をご紹介します。

それぞれの特徴などを参考にしていただき、ビタミン欠乏症の改善にお役立てください。


ビタミン欠乏症は、予防することが可能ですので、普段からビタミンの摂取に気をつけ、できるだけ毎日の食事から摂り、足りない分は、サプリメントや青汁などで補うようにしましょう。

ビタミン欠乏症のコラム

ビタミン欠乏症になるとどうなる?


ビタミン欠乏症とは、読んで字のごとくビタミンが不足している状態です。
ビタミンは、体内で合成されないので、食べ物などから摂取する必要があるのですが、不足しがちな栄養素の一つです。
ビタミンは、たくさんとる必要はないのですが、毎日摂取する必要がある上に、水溶性のビタミンは、体外に排出されやすいので、摂っているつもりでも不足していることがあります。

ビタミン欠乏症になると、体に不調が出てきます。
ビタミン欠乏症の症状で最も代表的なものが、脚気です。
脚気というと、昔の病気と思われがちですが、現代でもかかります。
脚気は、ビタミンB1の欠乏で起こる病気で、全身の倦怠感、手足の知覚障害やむくみ、心臓がドキドキしたります。

また、ビタミンB1が欠乏すると、ウェルニッケ脳症という病気になります。
この病気は、アルコールをたくさん飲む方に起こりやすいのですが、無欲状態になったり、歩行がふらふらしたり、記憶力が低下したりします。

その他にも、ビタミンCが欠乏することによって壊血病になったり、ビタミンD欠乏によってくる病になったり、ビタミンAが欠乏することによって、夜盲症や成長の遅れが起こることがあります。
どのビタミンが不足しても、体に不調となって出てきますので、ビタミン欠乏症にならないように、日頃からビタミンの摂取を心がけましょう。


ビタミン欠乏症になったらどうすればよい?


体に何らかの不調が出てきても、それがビタミン欠乏症によるものだと気づく方は少ないと思います。
全身の倦怠感がでても、仕事による疲れかな?とか、むくみがあっても水分の摂り過ぎかな?としか思わないのではないでしょうか?
ビタミン欠乏症の症状が進んでしまうと、深刻な病気を発症してしまうことがあるので、できるだけ早く気付き、治療することが必要です。

体の不調に気付いたり、いつもと違う、なかなか体調が良くならないなどと感じたら、自己判断せず、病院を受診しましょう。
早期にビタミン欠乏症に気づき、治療すれば、比較的容易に症状を改善することができます。
注射で十分な量のビタミンを補給すれば治ることが多いので、できるだけ早く治療を受けましょう。
治療が遅れると、なんらかの後遺症が残ってしまうこともありますので、単なる体の不調だと思わず、病院で診てもらうようにしましょう。